炭水化物抜きダイエットで痩せない33歳男が80kg→10kg減に成功した話

30代痩せないダイエット失敗談

私は33歳のときの健康診断で肝臓の数値が異常値を示してしまい、精密検査を受けて脂肪肝と診断されたのをきっかけにダイエットを始めました。

その当時は身長171cm、78kgの見た目には痩せ型でしたが、下腹が出っ張っている典型的な中年太りの男性になっていました。

私のダイエットは最初に3kg痩せたのにそれから全然痩せません。

ついには寝込んでしまうほど体調を崩してしまいました

スポンサーリンク

炭水化物抜きダイエットの失敗の原因

私が取り組んだのは炭水化物を一切食べないダイエットでした。

理系ということもあって理論的に正しいことをやれば痩せられると思い込んでいました。

ですが、最終的には続けられなかったために痩せられず、体調を崩してむしろ体重が増えてしまったのです。

私がダイエットに失敗した理由は体調管理についての意識が欠けていたからでした。

空腹時のジョギングと葉物野菜と鶏むね肉

脂肪を減らすのが最大の目的だったのでほとんどタンパク質と野菜という食生活を送り、さらに毎朝空腹時にジョギングをする生活を始めました。

朝は5時に起きて1時間ほどジョギングをして、帰ってきたらダンベルを使って15分ほど筋トレを行うというのが日課でした。

朝食は鶏むね肉をゆでたものと野菜のサラダで、糖質の多い野菜は全て避けてホウレンソウや小松菜などの葉物をメインにしていました。

アルコールはダイエット中も飲んでいた

カロリー過多になるのを避けるために昼食は食べず、夕食も鶏むね肉と野菜を主体にしたものにして、ご飯やパンなどは一切食べない生活を続けていました。

ただ、アルコールは好きだったのでダイエット中も継続しました。糖質ゼロの発泡酒を缶一本だけにするようにしていたのです。

スポンサーリンク

炭水化物ダイエットは3kg痩せたが、リバウンドした

このような生活を送ることで脂肪肝を早く治そうとしたのですが、3kg痩せてからは本当に体重が減らず、お腹がへこんでくる様子もありませんでした。

そして、だんだんと疲れで朝に起きられなくなってきて、昼間もぼーっとして仕事の能率が悪くなり、夜は疲れ果てて夕食も食べずに寝てしまうことが多くなりました。

ついに寝込んでしまってダイエットをやめたところ、リバウンドを起こして80kgを超えてしまったのです。

無理のないダイエットを継続して10kg痩せた

このような失敗からわかったのは過度なダイエットは体を壊すだけだということでした。

最初は痩せることができても脂肪が減ったわけではなく、脂肪肝も全く改善していませんでした。

無理のないダイエットを継続して行えるようにしようと決めて取り組んだところ、脂肪肝の改善にも成功しました。

ジョギングはする習慣を維持し、食事について改善を試みるのがベストだと考えたのが功を奏したと思います

炭水化物がないと体力が衰えがちなので、食事の内容は栄養バランスを重視して脂肪をやや控える内容にしてメニュー作りをするようにしました。

カロリーを毎回計算して、基礎代謝も加味して必ず毎日エネルギー収支がマイナスになるようにした結果、一ヶ月に1kgずつ着実に減らせるようになりました。

お酒をオールフリーのノンアルコールビールに切り替えてから朝の目覚めも良くなり、体力も回復しやすくなりました。

やはりアルコールは絶つのがダイエットには重要だったと思っています

このおかげで1年で10kg減らす目標も達成し、お腹もへこませることができました。

参考になれば幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました